スタッフだより

最後は12/16開催の親子料理教室です。
今回はクリスマスにぴったりのパーティーおやつということで、3品を作りました!
講師は昨年のなつやすみバンビオでお世話になりました、管理栄養士の細井佳代子さんです 🙂
市販のうどんを使ったUDONUTS(うどーなっつ)や、バターを使わないスノーボールを作っていきます。
揚げ物にも挑戦!完成!おいしそうにできました!☆
ブラマンジェ(コーンスターチで作るプリン)もきれいに固まりました 😀

出来たてのおやつを食べながら、先生から「おやつ」の語源や栄養について教えていただきました。
お子様の成長過程で、実はおやつは大事な栄養の役割があったのですね 😯 最後は全員で片付けをして終了!

以上で今年のふゆやすみ☆バンビオは終了です
来年も楽しく!学べる!イベントをたくさん開催できたらなと思います♪
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた講師の先生方、ありがとうございました 🙂

②12/9 3Dプリンター体験の様子です。
事前に提出いただいたイラストを3Dプリンターでプリントしておき、
当日は色付けと、実際にタブレットを使って3D作品を作っていただきました!
とってもかわいく仕上がりました☆
当日作った作品を、センター内の3Dプリンターで印刷していきます。
印刷は小さいものでも半日かかります。(中央の作品はなんと17時間かかります!)
印刷したものは後日お渡しです!お土産の星のオーナメントも素敵ですよ☆
今年は一味違う、近未来なクリスマスをお過ごしいただけたら嬉しいです 😎

③へ続く!

あっという間に12月も後半になり、今日はクリスマス! 🙂
センターではクリスマスをテーマに、『ふゆやすみ☆バンビオ2017』として
3つイベントを開催しました。
各イベントの様子をご紹介します 🙂

①12/3親子ポーセラーツ体験の様子です。
昨年の夏に好評だった、ポーセラツ体験を今回はクリスマスプレートをテーマに再度開催!
講師は前回に引き続き、日本ヴォーグ社ポーセラーツインストラクターの今尾有美子さんです。

好きな柄を選んで、柄の配置を決めて・・・自由に作成していきます。
大人の方もお子様も、皆さん真剣です!

ひとまず完成!焼き上がりが楽しみですね♪

 

②に続きます 😉 

10月29日(日)に「初心者のための日本茶セミナー~玉露を淹れるゆったりとした時間~」を開催しました。

 

まずは、講師の鳥越よし子先生から、日本茶の歴史や種類、栽培方法や加工方法のお話。

 

続いて、先生のお手本を参考に実際に淹れてみます。

 

最後の1滴まで注ぎます。

これは紅茶も同じですね。(実は紅茶も緑茶も同じ茶葉からできているそうです!)

 

同じテーブルの方と交換して飲み比べます。

同じように淹れても色も味も違って、お茶の奥深さが感じられます。

 

最後には茶葉をポン酢でいただきます。

玉露の茶葉はやわらかいので、おひたしのような感じで食べることができます。

 

和気藹々とした雰囲気で、お茶を味わっていただきました。

お足元の悪い中ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

次回は新茶の季節に開催予定です。

 

 

 

 

 11月14日~16日の3日間、立命館中学2年生の男子生徒2人が職場体験に来てくれています。

 あっという間に最終日。体験3日目は、お客様の利用も多く忙しい中、部屋の点検に準備に大活躍してくれました。

 2人が書いてくれた3日目=最終日を終えての感想をご紹介します。

 *職業体験の一環として、感想の文章は中学生2人がパソコンで入力したものです。

 

~11月16日の職業体験の感想~

 今日は職業体験3日目でした。最終日で、図書館の本の返却は任されるようになりました。課題のバンビオイベント企画案も完成してすごく大きな達成感を得ることができました。2階のギャラリー準備のために3階の倉庫から備品を持っていき、ギャラリーの壁を移動させる作業がとても大変でした。

 12時頃はいろんな部屋チェックが重なったけど、効率よくいろんな部屋を回れてよかったです。昼食を食べ終わってからの、2時の部屋チェックは自分たちだけで行けてとてもいい経験になりました。

 ここで学んだことは、将来で生かしていこうと思います。この3日間いろんな経験をさせていただきありがとうございました。

 

 感想は以上です。

 

 短い期間だったと思いますが、仕事をする中での面白さや大変さなど、中学生の2人にも何かしら感じるところがあって将来働くようになった時の選択に役立てば、スタッフ一同嬉しく思います!2人とも、3日間、本当にお疲れさまでした。

 

☆2人が飾ってくれた、児童室のクリスマス飾り付けは、クリスマス時期までこのまま展示します☆

 

 

 *写真も職場体験の中学生2人が撮ってくれました。

 

 

 

 11月14日~16日の3日間、立命館中学2年生の男子生徒2人が職場体験に来てくれています。

 今日は2日目。部屋の点検はもちろん、食工房の片付けや児童室のにぎわいのためにクリスマスの飾り付けなど体験内容盛りだくさんの一日となりました!

 2人が書いてくれた、2日目の感想を紹介します。

 *感想の文章は2人が職業体験の一環として、パソコンで入力したものです。

 

~11月15日の職業体験の感想~

 今日は職業体験2日目でした。2日目はだんだん慣れてきて、自分たちだけに任される仕事もできました。仕事のやり方もわかってきて仕事がさらに楽しくなりました。

 部屋の入れ替えの忙しいときも体験させていただいて、テキパキと丁寧に仕事をできるようになって更に達成感を得ることができました。

 クリスマスの飾りつけの仕事は、最初はスプレーの粉が飛び散ってあまりきれいじゃなかったんですけども、中盤あたりから段々慣れてきて結構きれいに飾り付けができました。明日は自分たちだけでできるように頑張ります。

 2日目もいろいろな事を教えていただきありがとうございました。また明日も頑張りたいと思います。   

 

 

 感想は以上です。

 

 ☆クリスマスの飾り付け中☆

 

 ☆児童室がクリスマスムードになりました☆

 

 利用が終わられたお客様にも「ありがとうございました」と元気にあいさつしてくれていて、私たちスタッフの目にも頼もしく映りました!

 明日もう一日、元気に働いてくださいね!

 ご来館の皆様も、中学生の二人が職場体験で頑張る姿を見守ってあげてください。

 

 

 

 11月14日~16日の3日間、立命館中学2年生の男子生徒2人が職場体験に来てくれています。

 朝からバタバタした1日でしたが、無事に初日を終えました。

 立命館中学2年生の二人が書いてくれた感想がありますので、ここでご紹介いたします。

 11月14日の職業体験の感想

 今日が初めての職業体験でした。初めは緊張して言葉も嚙み嚙みで声も小さくて、仕事を見ていただけだったけど仕事のやり方を教えてもらって自信がついてきました。

 部屋のチェックや、備品管理をやらせていただきました。そして、返却図書の管理などを教えてもらい、イベント企画を考えました。それは、すべてとてもやりがいがあるものでした。イベント企画を考えるのはとても楽しくて、終わった時の達成感はとても大きかったです。

 部屋の清掃チェックは移動が多くて大変だったけれども、この仕事もとても面白かったです。本日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。明日も頑張りたいと思います。

感想は以上です。この文章は二人が職業体験の一環としてパソコンで入力したものです。

 何もかもが初めてなので、緊張したかと思いますが、雰囲気にも慣れたころには、「つぎは部屋のチェックですよね!」と自分から積極的に仕事に取り組んでくれるようになりました。

 明日も元気に頑張ってくださいね!

 ご来館の皆様も、中学生の二人が職場体験で頑張る姿を見守ってあげてください。

8月13日・27日、9月3日・10日の4日間、文学講座「源氏物語を読む~夕顔の巻~」を開催しました。

DSCF8607

今回もたくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございます。

 

巻のタイトル「夕顔」。

源氏物語が書かれた当時、夕顔の花は貴族の屋敷には咲いておらず、庶民の花だったとのこと。

当時の貴族たちは宮中で書かれた物語にそのような花の名前がついていることに驚いたかもしれないそうです。

岩坪先生の解説により、口語訳を読むだけではわからない源氏物語の世界が広がります。

 

次回は来年2・3月を予定しています。

詳細が決定しましたら、センターホームページや広報長岡京などでおしらせします。

 

 

 

 

 

9月2日に中央公民館にて開催された『学べる食育ひろば~タニタの健康セミナー~ 』にて、センターの食に関する取り組みの資料を展示いただきました。

長岡京市中央生涯学習センターの取りくみ(2017.8.23)

大きな資料はこちら

当日会場へは行けませんでしたが、多くの方でにぎわっていたそうです 😳
センターでも引き続き、皆様にお楽しみいただける料理イベントの開催がんばります!
イベント以外でも食工房はどなたでも借りていただけますので、料理教室を開きたい、料理を作りながらパーティーをしたいという方はお気軽にお問合せください 😛

 

8月28日に「太極舞でリフレッシュ」を開催いたしました。

太極拳はおなじみかもしれませんが、太極舞(たいきょくまい)は、まだ新しいプログラムのエクササイズです。

体を丁寧にほぐしてから、中国風の心地よい音楽に合わせて舞います。

「ついていくのが大変」という方もいましたが、自分の体調に合わせて無理をしないことが大切だそうです。「無理せず自分の体に合わせて、少しでも続けること」と、講師の先生が熱く語ってくださいました。

おかげさまで沢山の方にご好評をいただきました。

 

DSCF8701