スタッフだより

 中学校の授業の1つとして行われている「職場体験学習」が今年も行われ、当センターには長岡第四中学校の2年生2人が来てくれました。2人に体験レポートを書いてもらいましたので、ぜひご覧ください。

 広場公園で開催されたイベント「花子百貨店」の様子を写真に撮ってもらい、出店されている方へのインタビューにも挑戦してもらいましたので、その内容もまとめてもらいましたので、合わせて掲載しておきます。3日間、色々とがんばってもらい、ありがとうございました!

 

◆体験レポート 1日目
 まず職員の方たちに自己紹介をしてから、施設を案内してもらいました。部屋の用途などを丁寧に教えてくださったので、とても分かりやすかったです。
 その後、来館者の対応をしました。緊張して自分から声をかけるという事が上手くできず、声をかけられる事を待っているような状態だったので、明日は自分から声をかけられるように努力します。
 その他に、提示版の確認をしたり、各部屋の点検や後片付け、備品の出し入れなどをしました。提示版の確認では掲載期限を過ぎているポスターを見つけたら、それを剥がしたりする地道な作業でしたが、とても楽しい仕事でした。
 各部屋の点検、後片付けでは1番はじめに思ったことは、カギが多いなということでした。しかし、やっていくうちにカギを探すことが少し楽しくなってきました。
 トランシーバーで通信をするときはかなり緊張しました。何か1つの見落としで職場のイメージダウンにつながると考えると、少しプレッシャーを感じました。
 それからサークルなどのチラシを、ラックに差しこんだりする仕事もありました。これは正直、楽だなあと思いました。できなかった所は、明日できるように努力します。

 

◆体験レポート 2日目
 今日の各部屋の点検や後片付けでは、昨日やったということもあり、少しスムーズにできたと思います。自分から来館者に話しかけるということは、まだ課題になっているなと感じました。
 各部屋の点検や後片付けの他に、バンビオ前の広場でやっていたイベント「花子百貨店」のインタビューをしました。どの店もとても繁盛しており、インタビューに行っていいのか少し迷いました。
 
<花子百貨店インタビュー>
 「花子百貨店に店を出すのは初めてですか?」という質問に対して、だいたいの方が「3~4回目」という答えでした。 次に「これをしていて楽しいですか?」という質問に対して、「すごく楽しい」という答えでした。
  最後に「お客様のためにしていることについて教えてください」と聞いたところ「自分達の販売している花が生活の一部として役に立ってほしい。そして買ったことを後悔してほしくない」と話してくれました。
 お客様にも聞いたところ「年に2回しかないのでもっと増やしてほしい。3か月に一回ぐらいしてほしい。」とのことでした。

 今日、花子百貨店のお店の店員さんやお客様にインタビューをしてみて、みなさん色々な事を考えて参加している事を知ることができました。その光景をカメラで撮影したりと、いろいろな新鮮な体験をすることができました。
 それからインタビューに応じてくださった方たちが、急なインタビューにも関わらず快く応じてくださって、とても親切な方たちだと感じました。

 

 

◆体験レポート 3日目
 朝すぐに、明日使う大きな部屋、特別展示室やメインホールの準備をしました。椅子や机を数十台も運びしました。すごく腰が痛く大変でした。
 その後、カギに貼ってあるシールの貼替えや、部屋の後片付け、図書の受付、接客、部屋案内、パンフレット作りなどをしました。どれも頭を使い大変でした。トランシーバーでの連絡もうまく受け答えできたかなと思います。
 昨日と比べて、朝からすることが多くて疲れました。しかしやりがいのある楽しい職場だなあと改めて思いました。そしていろいろな人とお話しをしたので疲れがやわらぎました。優しくそして丁寧に教えていただき、ありがとうごさいました。すごく身になった3日間だったと思います。

「バンビオライブ缶~Dance★Special~ in ガラシャウィーク2019」が11月3日(日)、バンビオ広場公園で開催されました。
さわやかな秋晴れのもと、日ごろからバンビオをご利用いただいている5組の出演者が、躍動感あふれるダンスや優雅なダンスで多くの方々を魅了していました。
 
B-TRIBE STREET DANCE SCHOOL(ストリートダンス)
 キレのいいダンスもさることながら、熱いダンスバトルでも興奮させてくれました!

 

 
YUMI HULA STUDIO(フラダンス)
 色鮮やかなドレスと優雅なダンスで、さわやかな南国の風を運びこんでいました。

 

 
ULTRA DANCE MARKET(ストリートダンス)
 子どたちのダンスは元気いっぱい。先生のハイスピードなダンスには息を飲みました!

 

 
ナニプアロアロ フラハラウ(フラダンス)
 しっとりした音色に乗せて、大勢のみなさんで踊るフラダンスの数々が見事でした。

 

 

ダンスサークルWEST(ストリートダンス)
 各クラスが熱いダンスを繰り出していました。一般クラスのパフォーマンスは圧巻!

 

 
来年の「バンビオライブ缶~Dance★Special~ in ガラシャウィーク」でも、成長されたみなさんや新しい参加者にお会いできるのを楽しみにしています!

前回に続き、夏休みイベントの紹介です 🙂 

8/4のキッズブックらいぶの様子です。4人の作家さんたちによる
オリジナルのお話の読み聞かせを行いました。

8/9は、京都大学の学生さんによる折り紙講座を行いました。
学生さんオリジナルの折り紙に挑戦し、少し難しかったですが皆さん完成できました 😀 

8/18は「いどうこんちゅうかん」を開催しました。
ヘラクレスオオカブトや珍しい昆虫たちがあつまり、こどもたちも大興奮でした 😀 

その他のイベントをあわせて、今年もたくさんの夏のイベントが
開催できました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

来年も夏の思い出にぴったりなイベントを開催できるよう、頑張ります 🙂 

7月から8月にかけて行っていた、なつやすみ☆バンビオ2019の全ての
日程が終わりました 🙂 
その様子を一部ご紹介いたします!

 

7/24の「アイヌを学ぼう」の講座です。
アイヌ文化に伝わる文様の意味を学びながら、オリジナルの文様を作りました。
切るのは難しかったけど、上手に仕上がりました!

 

7/27の「親子陶芸体験」の様子です。
コップや風鈴など、自由に好きな形を作りました。焼き上がりが楽しみです  😀 

 

7/31は「親子料理教室」を開催しました。
栄養について学びながら、料理を楽しみました。オムライスもみなさん上手に焼けていました 🙂 

8月開催分は次回更新します!

なつやすみ☆バンビオ2019のイベントレポートです。
8/20(火)は「こども科学教室~液晶テレビのしくみ&光の万華鏡を作ろう~」を開催しました。協力していただいたのは、長岡京市の企業「三菱電機株式会社 京都製作所」のエンジニアのみなさまです。

 

液晶テレビはどのようにして綺麗な映像を作り出しているのでしょうか?
テレビの基本的な構造や、赤・青・緑の光の三原色について、講師の先生方が分かりやすく教えてくれました。

 

 

こどもたちは、液晶テレビの画面を顕微鏡でのぞき、光の三原色の混ぜ合わせによってどんな色でも作り出せることを確認しました。
「黒色はどうやって作るんですか?」というなかなか鋭い質問も飛び出しました。
三原色を何も光らせないようにすれば、黒色になるという答えを聞いて、なるほど!とうなずく場面も。

 

 

液晶テレビを分解して、その中身を詳しく説明してもらい、こどもたちも興味津々です。
仕組みが分かったかな?

 

 

最後は光の三原色の原理を使った「光の万華鏡」を親子一緒に工作しました。
白や黄色のライトから注ぐ光が、万華鏡に仕込まれた「分光シート」を通ると、光の三原色に分解されます。
「花火みたい~!」「すごくきれい!」という声があちこちでわきあがってました。

 

 

未来の科学者がここから誕生するかもしれませんね!

7月21日(日)に、なつやすみ☆バンビオ2019「バンビオの窓いっぱいに絵をかこう!~地中をのぞいてみる編~」を開催しました(^^)

 

今年も、たくさんのお子さんに参加頂きました!ありがとうございます。

 

土の下は、どんな生き物がいるかな?どんな色かな?

いろいろ考えながら描いてくれましたよ~

 

 

8月25日(日)の消す日までの約1ヶ月間ご覧いただけますので、ぜひお立ちよりください♪

「バンビオライブ缶~Music Special~」が7月13日(土)にメインホールで開催され、日ごろからバンビオをご利用いただいている5組のアーティストが、多彩な音楽を披露してくれました。

 

Via lactea(吹奏楽)
ルパン三世メドレーの疾走感がカッコよかった! そして今回も子どもたちの可愛いダンスは健在です。

 

 

N BAND(Jazz&Pops)
昨年は3人編成でしたが、今年はヴォーカルとホーンセクションが加わりグッと厚みが増しました。

 

 

吉川 秀樹(Pops)
 MCも軽やかにギター&ヴォーカルを聞かせてくれました。奥様作詞のバラードで締めくくり。

 

 

ちゃりんこ(J-Pop)
 高校時代から仲間というみなさんは本当に楽しそうでした。還暦を迎えてもなおパワーは衰えず!

 

 

SFP (Silver Fox Players)(Jazz&Pops)
実に8回目のライブ缶出演となります。安定・圧巻のパフォーマンスでお客様を魅了していました。

 

 

秋(11月3日)には、「バンビオライブ缶~Dance★Special~ in ガラシャウィーク」の開催を予定していますので、そちらの方もお楽しみに!

 

6月19日~23日まで、2階市民ギャラリーにて開催しました
「バンビオ展示ウィーク」の様子をご紹介します!

今年は、長岡京市内外・乙訓地域から15組の様々な作品があつまりました(^^)

ほんの一部ですが、当日の様子を写真でご紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出展頂いたみなさま、ご来場頂いたみさなま、ありがとうございました。

来年の第17回バンビオ展示ウィークもお楽しみに!

 

5月12日(日)に「バンビオ手作りワークショップ 古墳グッズをつくろう!」を開催しました。子ども連れの方をはじめ、多くの人に参加していただきました。
講師は、高槻市を中心に数々の古墳イベントで活躍している牧梨恵さんです。
そもそも古墳って何なの?というところから、分かりやすく説明していただいたあと、みんなで一斉に3種類の古墳グッズ作りにチャレンジ!

 

古墳(前方後円墳)やハニワや土器などをかたどった、古代の香りを漂わせる色々なハンコたち。これを見てるだけでもワクワクしてきますね。

 

①古墳バッグ作り
A4サイズ無地の布製トートバッグに、自由にハンコを押していきます。
ハンコの種類の多さに加えて、カラーインクのバリエーションも豊富。
組み合わせと、みなさんの自由な発想力で、オリジナルバッグが誕生していきます。

 

②古墳キーホルダー作り
透明なアクリル樹脂のキーホルダーに油性ペンで着色していきます。
キーホルダーの形は、古墳と人形ハニワと馬形ハニワです。おしゃれなストラップも選んで素敵なキーホルダーが完成♪

 

③缶バッジ作り
ハンコを押したり、ペンでオリジナルな絵を描いたりして、それぞれのデザインが完成。
それを缶バッジ製造器にセットして、力いっぱいレバーをガッシャンと降ろすと・・・直径3cmの缶バッジの出来上がり!

 

最後にみんなで記念撮影。
古代グッズ作りを体験してみて「このあと古墳を見に行きます!」という人も。
参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

 

3月3日に「3Dプリンター入門講座」を、3月17日と3月21日に「3Dプリンター実践講座」を開催しました。入門講座は今回が初めてとなります。
「バンビオ1階に展示している3Dプリンターを見て興味を持った」「鉄道模型のパーツを作りたい」「知恵の輪とかおもちゃを作りたい」…色んな思いを持った35人もの方々が参加してくれました。
3Dプリンターでどんなことができるのか、どんな方法で出力用データを用意すればいいのかなど、講師の根津さんが話される内容をみなさん熱心に聞かれていました。
入門講座を受講すれば、CADの知識を持ってなくても、次のステップである実践講座に進むことができます。

 
実践講座では、より具体的に3Dプリンターの操作方法を実習で学びます。
今回は受講希望者が多かったので、急きょ人数・回数を増やすことになりました。
実践講座を受講してくれた方に「3Dプリンター使用認定書」をお渡ししました。

 

4月1日より、いよいよ市民サービスとして3Dデータを出力するサービスを開始します。どんな作品が生み出されていくのか楽しみですね。
入門講座、実践講座は今後も開催していきますので、こちらのHPや館内のポスターなどを時々チェックしてみてください。

 
※次回の実践講座を、5月5日(日)13:30~17:00、5月19日(日)13:30~17:00に開催します。
 申込の受付は、4月3日(水)10:30から行います。